新デザイン表示確認用記d事

新デザイン表示確認用記d事

KDDIとauフィナンシャルホールディングスなど4社が2月18日、ブロックチェーンを用いたデジタル通貨の実証実験を行うと発表した。期間は同日から28日まで。仮想通貨取引所のディーカレットとauフィナンシャルHD子会社のウェブマネーと連携する。

ランキングデータ

ディーカレットが構築したブロックチェーンを基盤に活用

ディーカレットが構築したブロックチェーンを基盤に活用

ディーカレットが構築したブロックチェーンを基盤に活用

ビットコインのチャートをチェック!

1時間6時間12時間1日1週間1ヶ月3ヶ月すべて
to
最終更新:2020年10月22日 21時15分42秒
情報提供元:

基盤にはディーカレットが構築したブロックチェーンを用いる。資金移動業の登録業社であるウェブマネーがデジタル通貨を発行し、KDDIが配布する。実験には関係者のみが参加し、カフェで決済する。ブロックチェーンの特性を活かしたダイナミックプライシングやリアルタイム決済の検証を行う。

概要図(リリースより)

検証するのは、デジタル通貨の発行から償却までの一連の流れや、付随する業務プロセスを自動化できるかについて。共有のデータベース上で自動的に処理を実行するスマートコントラクトを検証する。具体的には、カフェでの購入代金が、前日との気温差に応じて自動で調整されるようにする。

検証するのは、デジタル通貨の発行から償却までの一連の流れや、付随する業務プロセスを自動化できるかについて。共有のデータベース上で自動的に処理を実行するスマートコントラクトを検証する。具体的には、カフェでの購入代金が、前日との気温差に応じて自動で調整されるようにする。

検証するのは、デジタル通貨の発行から償却までの一連の流れや、付随する業務プロセスを自動化できるかについて。共有のデータベース上で自動的に処理を実行するスマートコントラクトを検証する。具体的には、カフェでの購入代金が、前日との気温差に応じて自動で調整されるようにする。

ライトコイン最新チャート

1時間6時間12時間1日1週間1ヶ月3ヶ月すべて
to
最終更新:2020年10月22日 21時15分42秒
情報提供元:

検証するのは、デジタル通貨の発行から償却までの一連の流れや、付随する業務プロセスを自動化できるかについて。共有のデータベース上で自動的に処理を実行するスマートコントラクトを検証する。具体的には、カフェでの購入代金が、前日との気温差に応じて自動で調整されるようにする。

職種平均年収
投資運用業務(金融系専門職)843万円
運用(ファンドマネジャー/ディーラー)720万円
内部監査(企画/管理系)
709万円
戦略/経営コンサルタント(専門職:コンサル、専門事務所、監査法人)679万円

KDDIはスマートフォンを中心に据えた金融サービスを提供するスマートマネー構想を進めている。KDDIに限らず、通信キャリア各社は、通信・金融に限らず生活のあらゆるサービスがスマホから利用できるスーパーアプリ構想を進めており、KDDIの今回の実験もこれにつながるものと言えそうだ。

文:小西雄志
編集:濱田 優
写真:Shutterstock.com

おすすめ記事: